鳴門市感染症情報

鳴門市内における感染症の現状の概要

最終更新日:平成30年11月15日

下の毎週の徳島保健所管内の感染症情報もご参考にしてください。
新しい発生がみられたり、他に情報がある場合はお知らせ下さい。

11月1より11月10日までの間に鳴門市医師会に報告のあったものは下記の通りです。

報告医療機関数:18
感染症名 報告医療機関数報告人数 増減感染症名 報告医療機関数報告人数増減
咽頭結膜熱(アデノ)百日咳
溶連菌感染症37+3 風疹
感染性胃腸炎 852-22 ヘルパンギーナ-3
水 痘33+3 麻 疹
手足口病-5 流行性耳下腺炎-1
伝染性紅斑 RSウィルス感染症11+1
突発性発疹11+1 インフルエンザ A型22+2
帯状疱疹37-2 インフルエンザ B型11+1
単純疱疹37-2 マイコプラズマ感染症-1

インフルエンザA型2名、B型1名の報告がありました。
溶連菌感染症も見られています。
引き続きご注意ください。

百日咳、風疹、麻疹のご報告の際には、年齢の併記もよろしくお願いいたします。

症例のない医療機関も報告のほど、よろしくお願いいたします。

(監修:鳴門市医師会感染症委員会)

徳島県感染症発生動向調査

徳島県感染症発生動向調査の最新によりますと、「徳島保健所管内」の定点医療機関での患者数は次のとおりです。(この情報は集計です。発表は少し遅れますのでご了承ください)

最終更新日:平成30年11月15日

インフルエンザRSウイルス感染症咽頭結膜熱A群溶連菌咽頭炎感染性胃腸炎水痘手足口病
42週
(10/15~10/21)
0340128336
43週
(10/22~10/28)
01511574112
44週
(10/29~11/4)
08088625
伝染性紅斑突発性発疹百日咳ヘルパンギーナ流行性耳下腺炎細菌性髄膜炎マイコプラズマ肺炎
42週
(10/15~10/21)
113013100
43週
(10/22~10/28)
11226200
44週
(10/29~11/4)
11402102

□■警報・注意報■□
徳島県内で、警報・注意報レベルを超えている地域はありません。

□■全数把握疾患■□
「結核」:2件(患者:80歳代2名)
「腸管出血性大腸菌感染症(O157)」:1件(患者:60歳代、推定感染地:国内)
「急性弛緩性麻痺」:1件(患者:5歳未満、推定感染地:県内)
「梅毒」:1件(患者:20歳代、推定感染地:県内)

□■定点把握疾患■□
「腸管出血性大腸菌感染症(O157)」:例年、夏から秋にかけ報告数が増加します。手洗いの励行、食品の衛生的な取り扱い(食材、器具の洗浄、十分な加熱)など、感染予防を心がけてください。
「梅毒」:報告数は、昨年同時期と比べ約1.7倍に増加しています。徳島県では、県内保健所において無料検査(予約制)を実施しています。希望される方は、早めに検査を受けてください。
「感染性胃腸炎」:徳島、美波保健所管内を中心に、県内広い地域から報告されています。
「RSウイルス感染症」:徳島、阿南、三好保健所管内等から報告されています。