ご挨拶

会長の写真

鳴門市医師会ホームページにお越しいただきありがとうございます。

鳴門市医師会は昭和22年11月1日に設立され、以来70年間、戦後の歩みの中で、鳴門市や鳴門病院とともに、市民の健康と安全を守る取り組みを続けてまいりました。

その間に、医療保険制度の変遷、介護保険制度の確立等、様々な変革を経て現在に至っておりますが、その間になされた、多くの先輩方の御努力、並びに市民の皆様方の御協力に深く感謝致したいと思います。しかし、今なお、少子高齢化に伴う諸問題、地震・災害対策、救急医療、検診・予防医療等、対応すべき数多くの問題を抱えております。

中でも、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、住み慣れた地域で最後まで住み続けるための環境づくり(在宅医療、介護、生活支援一体化の促進)、いわゆる地域包括ケアシステムを確立が、喫緊の課題であります。鳴門市医師会におきましても、種々の研修会、審査会、訪問看護ステーション活動等を通じて積極的に取り組んでいますが、もちろん、私たちが単独で行えることではありません。地域の様々なネットワーク(医療・介護事業者、市民支援グループ、ボランティア団体等)および行政と一体となって取り組み、市民がともに、助け合い、豊かに暮らせる地域を目指して活動していく所存でございます。

ただ、他の様々な組織と同様に、当会におきましても会員の減少(開業医の減少)、高齢化(会員の2/3が60歳以上)が進んでおります。日常診療の他、救急・防災医療、小児・学校検診、特定検診、予防医療、スポーツ活動のサポート等、種々の医師会活動にあたり、皆さまのご理解、ご協力をお願いする次第でもあります。

とはいえ、鳴門市医師会は、今後も引き続き鳴門市民の健康と安全と守るために、医療、福祉活動に鋭意邁進していく所存です。皆様の御協力、ご支援をお願い致します。

平成30年4月

鳴門市医師会会長   吉田 成仁